営業時間(月)~(土)9:00~18:00
〒573-0027 大阪府枚方市大垣内町1丁目2-1 中村ビル102

お気軽にお問合せ・ご相談ください

080-1481-9161

【下痢に使えるツボ】

このページではストレスや冷え、体質などが原因で起こり、腹痛や気持ち悪さが伴う場合もある「下痢」に対して使えるツボを症状別に3つご紹介。

ツボに刺激を入れる事で、腸の働きが促され自律神経が整う様になり、普段の生活が楽になりますよ。

道具はいらず簡単なツボ押しですが、そのツボにお灸やカイロを貼る事でさらに効果はアップするでしょう。

今すぐ症状を落ち着けるものから、予防に繋がるものまでありますので是非お試し下さい!

急性の下痢:天枢(てんすう)

お臍から手の指3本分左右に行った場所にあるツボ。

腸の支配神経領域にあるので、刺激を与える事で腸の動きを整える効果が期待できます。

刺激方法:両てのひらを合わせてツボに添え、深呼吸と共に軽く押さえる。

慢性の下痢:陰陵泉(いんりょうせん)

膝の内側、大きい骨の際にあるくぼみにあるツボ。

腸の水分吸収に関わりが深いツボで、刺激し続ける事で腸内の水分バランスを正常にして、下痢の頻度を減らし便の状態を整えてくれます。

刺激方法:ツボに手の親指を添えて、膝に向かってぐっと押し込む。

過敏性腸症候群:太衝(たいしょう)

足の親指と人差し指の間、指先から足首になでていった時にひっかかる場所にあるツボ。

足背動脈という足先の血管の上にあるので、刺激する事で下半身全体の血の巡りを良くすることに繋がります。またイライラを減らす効果もあり、自律神経の調節も改善していくでしょう。

刺激方法:ツボの位置に両手の親指を添えて広げる様に押し込む。

下痢でお悩みの場合は…

下痢は嘔吐や発熱を伴う場合、脱水の危険性もありますのでまずは病院受診をお勧めします。

その上で症状がなかなか落ち着かない、原因がわからない場合は鍼灸施術を選択肢の一つに入れて頂けると嬉しく思います。

当院でも、慢性的な下痢症状や、過敏性腸症候群の体質改善を目指して鍼灸施術や整体術でお力添えをさせて頂けますので、少しでも気になった方は是非ご連絡下さい!

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

080-1841-9161

ご予約は便利なネット予約から!

新着情報・お知らせ

2022/2/2
すくすくコラム【東洋医学からみる冷え性の原因と予防法】を公開しました。
2022/11/24
適応症状【肥満】を公開しました。
2022/11/18
すくすく子育てコラム【不眠の時に使えるツボ】を公開しました。

井上すくすく鍼灸院

住所

住所:枚方市大垣内町1丁目2-1 中村ビル102

受付時間

9:00~18:00

定休日

日曜・祝日